Go to Contents Go to Navigation

韓国政府 コロナ病床の追加確保・政府合同の点検団運営へ

記事一覧 2021.11.19 09:56

【ソウル聯合ニュース】韓国で新型コロナウイルスの新規感染者数が3日連続で3000人を超え、重篤・重症患者数も増加していることを受け、政府は19日、新型コロナ患者用の病床を追加で確保する一方、関係官庁で感染対策の合同点検に乗り出す方針を明らかにした。

新型コロナウイルスの検査を受けるため順番を待つ人たち(資料写真)=(聯合ニュース)

 政府の中央災難(災害)安全対策本部第2次長を務める全海チョル(チョン・ヘチョル)行政安全部長官は19日の同本部の会議で、新規感染者数の増加や新規感染者に占める18歳以下と60歳以上の年齢層の割合上昇、高齢層を中心とする重症患者の増加などに言及した。これに対し政府は首都圏で早期の病床拡充に努めているとし、「重篤・重症患者の治療に専念する拠点病院を従来の12カ所から15カ所に増やし、250床以上を新たに確保する。感染症専門病院も追加指定して400床以上を確保する」と説明した。

 また、「政府合同特別点検団」を22日からの4週間、再び運用する。首都圏を中心に、感染者が多発している地域やクラスター(感染者集団)が発生した施設などを集中点検する方針だ。訪問者名簿の作成、営業時間の順守、ワクチン接種の完了またはPCR検査での陰性を証明するいわゆる「防疫パス」の確認など、必要な感染対策が取られているか調べる。

中央災難安全対策本部の会議を主宰する全長官(手前)=19日、ソウル(聯合ニュース)

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。