Go to Contents Go to Navigation

中国とロシアの軍用機9機が韓国防空識別圏に侵入 戦闘機発進

記事一覧 2021.11.19 19:16

【ソウル聯合ニュース】韓国軍合同参謀本部は19日、中国の軍用機2機とロシアの軍用機7機が同日午前10時50分ごろと午後3時ごろに東部・独島付近の韓国防空識別圏(KADIZ)に進入し、離脱したと明らかにした。

ロシアの戦闘機が中国の爆撃機を護衛する様子(ロシア国防省のユーチューブチャンネルより)=(聯合ニュース)

 一部は午前にKADIZを通過して南に抜け、午後に再び北側から進入し、離脱したことが分かった。

 9機のうち、中国機は爆撃機が2機で、ロシア機は爆撃機2機、戦闘機4機、早期警戒管制機1機だった。

 韓国軍は中国とロシアの軍用機がKADIZに進入する前からF15KやKF16などの戦闘機や空中給油機KC330を投入し、偶発的な事態に備えていた。

 中国とロシアの軍用機によるKADIZ侵入に対し、KC330が投じられたのは今回が初めて。

 KC330は国外で発生した非常時における国民の輸送などにも使われる。2003年に初めて導入され、現在は4機運用されている。

 この日KADIZに進入した中国とロシアの軍用機はそれぞれ10分程度、KADIZ内にとどまったが、領空侵犯はなかったという。

 韓国軍当局は今回の状況を中国とロシアの合同演習とみており、さらなる分析を進めている。

 中国側はKADIZ進入後、直通電話で韓国側に訓練中であることを通知したが、ロシアと韓国には空軍間の直通電話が設置されておらず、KADIZ進入に関する通知はなかった。

 中国機とロシア機によるKADIZ侵入は昨年12月22日にも発生しており、そのときは中国機4機とロシア機15機がKADIZに侵入し、離脱した。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。