Go to Contents Go to Navigation

韓国デザートカフェ「ソルビン」 来年日本に再進出へ

韓日関係 2021.11.22 15:04

【ソウル聯合ニュース】韓国のデザートカフェ「ソルビン」は22日、日本の株式会社J&Kとマスターフランチャイズ契約を結び、来年2月に東京などに2店舗を新規オープンすると発表した。

ソルビンは日本への再進出に向けJ&Kとマスターフランチャイズ契約を結んだ(ソルビン提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 ソルビンは2016年6月に東京・原宿に日本1号店を出店し、順番待ちの長い行列で話題になった。店舗数は6店舗にまで拡大したが、当時の日本の運営会社が破産し、20年1月に閉店した。

 ソルビンの関係者は「長い時間をかけてマスターフランチャイズ契約を結ぶ新たな企業を選定した。東京をはじめ大阪などの大都市や地方都市にも事業を拡大する計画だ」と説明した。

hjc@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。