Go to Contents Go to Navigation

韓国与党大統領候補「『産婦人科』は日帝の残滓」 女性健康医学科に変更を

記事一覧 2021.11.22 17:36

【ソウル聯合ニュース】韓国の革新系与党「共に民主党」の大統領選候補、李在明(イ・ジェミョン)前京畿道知事は22日、フェイスブックで「産婦人科」は「婦人」だけが利用するのかと問題提起し、自身が当選すれば「女性健康医学科」に名称を変えて、未婚女性などが通いやすいようにするとの公約を掲げた。

国会で開かれた行事で発言する李氏(国会写真記者団)=22日、ソウル(聯合ニュース)

 李氏は「未婚女性が産婦人科を訪れるのは、並大抵のことではない。妊娠出産など既婚女性のための病院という先入観が大きいため」だと指摘した。

 その上で、産婦人科という名称は「日帝(日本帝国主義)の残滓(ざんし)」とし、「女性の健康と疾患を婦人病と呼ぶ時代錯誤的な認識が女性、青少年、未婚女性の病気を重くしている」と主張した。

 李氏は「医療法を改正し、産婦人科を女性健康医学科に変え、医療へのアクセスを高める」とし、「名称を変えることから始め、婚姻や出産の有無、年齢と関係なくすべての女性が安心して簡単に利用できる医療環境を作る」と表明した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。