Go to Contents Go to Navigation

韓国の全斗煥元大統領が死去 90歳=軍事クーデター主導

記事一覧 2021.11.23 10:53

【ソウル聯合ニュース】韓国の全斗煥(チョン・ドゥファン)元大統領が23日午前、ソウル市内の自宅で死去した。90歳だった。全氏は1980年から88年まで韓国の大統領を務めた。

全斗煥氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 全氏は自宅で倒れ、同日午前に警察と消防に通報があった。警察が死亡を確認したという。遺体はソウル・新村のセブランス病院に搬送される予定だ。

 全氏は1931年生まれ。陸軍士官学校を卒業し、軍内組織「ハナ会」をつくって出世街道を走った。79年10月26日、当時の朴正熙(パク・チョンヒ)大統領が射殺された際に合同捜査本部長となり、政権を取るため軍事クーデターの「12・12軍事反乱」を主導した。同事件で実権を握った全氏は80年の「5・18民主化運動(光州事件)」を武力で鎮圧。同年9月から88年初めまで大統領を務めた。

 退任後、内乱や殺人などの罪で無期懲役を言い渡されたが、97年12月に特別赦免され、釈放された。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。