Go to Contents Go to Navigation

[韓流]BTS グラミー賞主要候補に入らず=海外メディアから疑問の声

記事一覧 2021.11.24 10:33

【ロサンゼルス聯合ニュース】韓国の人気グループ、BTS(防弾少年団)のヒット曲「Butter」が米音楽界最高の栄誉とされる「第64回グラミー賞」の「最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス賞」の候補に選ばれた。BTSは2年連続でノミネートされたが、海外メディアは最高の1年を送ったBTSに対しグラミー側が予想より低い評価を下したと指摘した。

BTS(ビッグヒットミュージック提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 「Butter」は今年5月にBTSがリリースした英語曲。米ビルボードのメインシングルチャート「ホット100」で通算10週1位獲得の大記録を達成したが、グラミー賞の主要4部門の候補には入らなかった。

 主要4部門は最優秀レコード賞、最優秀アルバム賞、最優秀楽曲賞、最優秀新人賞で、ビルボードなどはBTSが主要部門にノミネートされると予測していた。

 AP通信は、SNS(交流サイト)と音楽チャートを席巻したいくつかの主要シングルが最優秀レコード賞、最優秀楽曲賞の候補から除外されたと指摘し、今夏のメガヒット曲「Butter」がわずか1部門にノミネートされたと皮肉った。

 ロサンゼルス・タイムズは、グローバルポップ旋風を巻き起こしたBTSがブロックバスター級の1年を送ったにもかかわらずノミネートが1部門だったとし、「Butter」がホット100で10週1位を獲得したが最優秀レコード賞と最優秀楽曲賞の候補から除外されたと報じた。

 DPA通信はBTSをはじめドレイク、メーガン・ザ・スタリオンらが最優秀アルバム賞の候補から外れたとし、グラミー側の決定に疑問を呈した。

 USAトゥデーも、BTS、ドレイク、マイリー・サイラスらポップチャートで1位を記録したアーティストが主要部門にノミネートされなかったと指摘した。「Butter」はこのうえなく幸せな楽しさを与え、世界最大の音楽配信サービス「スポティファイ」のグローバルチャートで記録を更新した曲だとし、「最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス賞」のみのノミネートでよいのかとBTSのファンに問いかけた。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。