Go to Contents Go to Navigation

韓国大統領選 与野党候補の支持率差縮まる=尹氏44.1%・李氏37%

政治 2021.11.24 11:44

【ソウル聯合ニュース】韓国の世論調査会社リアルメーターが24日に発表した大統領選候補の支持率は保守系最大野党「国民の力」の尹錫悦(ユン・ソギョル)前検事総長が2週間前の調査比で0.3ポイント下落の44.1%となった。革新系与党「共に民主党」の李在明(イ・ジェミョン)前京畿道知事は2.4ポイント上昇の37.0%となり、両氏の差は9.8ポイントから7.1ポイントに縮まった。

李氏(左)と尹氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 中道系野党「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)代表は4.0%、革新系野党「正義党」の沈相ジョン(シム・サンジョン)元党代表は3.8%、金東ヨン(キム・ドンヨン)前経済副首相は1.1%だった。

 リアルメーターは尹氏の支持率について、大統領選候補を決める党予備選の効果が薄れ、支持率上昇につながる要因がなくなっていると分析。李氏に関しては、全国民を対象にする支援金給付政策の撤回、選挙対策委員会などの組織整備などが支持率を押し上げたと分析した。

 李氏と尹氏の一騎打ちになると仮定した場合の支持率は尹氏が48.9%、李氏が39.3%となり、両氏の差は前回調査の13.0ポイントから9.6ポイントに縮小した。

 大統領選で野党による政権交代を望むとの回答は54.3%、与党の政権延長を望むとの答えは38.4%だった。

 調査はニュース専門テレビ局YTNの依頼を受け、22~23日に全国の18歳以上の計1011人を対象に実施された。

kimchiboxs@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。