Go to Contents Go to Navigation

[韓流]BTSやユン・ヨジョン CJが今年を輝かせた6組選定

芸能・スポーツ 2021.11.24 14:04

【ソウル聯合ニュース】韓国総合コンテンツ大手のCJ ENMが24日、今年の韓国エンターテインメント産業を輝かせた人物を選ぶ「2021ビジョナリー」を発表した。女優のユン・ヨジョンさん、映画監督のファン・ドンヒョクさん、音楽グループのBTS(防弾少年団)とaespa(エスパ)、コメディアンのユ・ジェソクさん、CJ ENMのチェ・ジョンナム・プロデューサーの6組が選ばれた。

CJ ENMが「2021ビジョナリー」を発表した(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 ベテラン女優のユン・ヨジョンさんは米映画「ミナリ」に出演し、今年の米アカデミー賞で韓国人初の助演女優賞に輝いた。ファン監督は米動画配信大手ネットフリックスのオリジナル韓国ドラマ「イカゲーム」を手掛け、世界的な大ヒットを記録した。

 BTSは英語曲が立て続けにヒットし、米音楽授賞式「アメリカン・ミュージック・アワード(AMA)」で最高賞に当たる「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」をアジアのアーティストとして初受賞したばかり。また、女性グループのaespaには各メンバーのアバター(分身)が存在するという設定があり、音楽産業にメタバース(仮想世界)の新たな可能性を示した点が評価された。

 BTSとともに2年連続で選ばれたユ・ジェソクさんは、テレビのバラエティー番組で活躍している。プロデューサーのチェ・ジョンナムさんはCJ ENMの音楽専門チャンネルMnetで放送された女性ダンスチームのサバイバル番組「ストリートウーマンファイター」を担当し、これまでにない切り口の番組として注目された。  

 CJ ENMは「今年はジャンルを問わず、世界市場でK(韓国)コンテンツの活躍が際立ち、韓国文化の存在感と影響力が今までになく増した」と振り返った。来月、「ビジョナリー」を解説するドキュメンタリーやインタビューなどを公開する予定だ。

 「ビジョナリー」は今年で2回目。テレビやラジオ、映画、音楽、公演などのエンターテインメント業界でその年のトレンドキーワードを選び、それにふさわしい成果と影響力を示した人物を表彰する。

mgk1202@yna.co.kr

最新ニュース 芸能・スポーツ
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。