Go to Contents Go to Navigation

韓国 けさのニュース(11月25日)

◇BTSが兵役特例の対象になるか きょう法改正案論議

 韓国国会の国防委員会は25日午前、法案審査小委員会を開き、国益に大きく寄与した大衆文化芸術者に対し、芸術・スポーツ要員として代替服務を認める内容の兵役法改正案を論議する。現行の兵役法は、大統領令で定めた芸術・スポーツ分野の特技を持ち、文化体育観光部長官が推薦した人を芸術・スポーツ要員として編入できるよう規定している。しかし、兵役法施行令では芸術・スポーツ分野の特技として大衆文化は含まれず、BTSなど大衆文化分野のスターは国威を宣揚する功績を残しているにもかかわらず芸術・スポーツ要員としての編入が不可能だとの指摘が出ている。

BTS(ビッグヒットミュージック提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

◇与党の大統領選候補 きょう海外メディアと討論会

 革新系与党「共に民主党」の大統領選候補、李在明(イ・ジェミョン)前京畿道知事は25日午後、ソウル外信記者クラブ主催の討論会に出席する。李氏が先月10日に共に民主党の大統領選候補に選出されて以降、海外メディアと会見するのは初めて。与党の大統領選候補として次期政権の外交政策などについてどのような構想を示すのか注目される。一方、午前には「新韓日関係」をテーマに開かれるフォーラムに出席する。対日外交に関する政策構想を示す見通しだ。

◇サムスン・SK NAND型メモリー市場でシェア上昇

 半導体大手のサムスン電子とSKハイニックスが、今年7~9月期にデータを長期保存するNAND型フラッシュメモリー市場でシェアを伸ばしたことが分かった。台湾の市場調査会社、トレンドフォースによると、サムスン電子の7~9月期のNAND型フラッシュメモリーの売上高はスマートフォンやデータセンター市場の需要増で前期比16.5%増の65億1000万ドル(約7515億円)を記録した。同社の市場シェアは4~6月期の34.0%から34.5%に0.5ポイント上昇した。SKハイニックスのNAND型フラッシュメモリーの売上高は、前期比25.6%増の25億4500万ドルと集計された。同社のシェアは4~6月期から1.2ポイント上昇した13.5%で、サムスン電子、日本のキオクシアに次いで3位だった。

◇ソウル市の上級公務員 複数住宅所有者は昇進から排除へ

 複数の住宅を所有するソウル市の上級公務員は今後、昇進対象から外され、住宅関連の業務も担当できないようになる。ソウル市はこのような内容を柱とする3段階の道徳性検証システムを導入し、来年上半期から3級以上の上級公務員に適用すると発表した。現在も昇進審査や新規採用の前に人事検証を行っているが、捜査・調査中の不正がないかを確認するのみで、住宅の所有状況や道徳性を検証するシステムは存在しなかった。検証項目は▼住宅所有状況▼偽装転入の有無▼故意による税金滞納・脱税の有無▼性犯罪・飲酒運転などの犯罪経歴――など。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。