Go to Contents Go to Navigation

濱口竜介監督の2作品 韓国で来月公開

社会・文化 2021.11.25 11:13

【ソウル聯合ニュース】是枝裕和監督に続く日本の若き巨匠、濱口竜介監督の長編映画「ハッピーアワー」(2015)と「ドライブ・マイ・カー」(2021)が韓国で来月公開される。

韓国で12月9日に公開される映画「ハッピーアワー」(映画社ジョア、トリプルピクチャーズ提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 来月9日に公開される「ハッピーアワー」は、それぞれ異なる職業と性格を持つ30代後半に差し掛かった親友同士のあかり、桜子、芙美、純の物語を描いた。互いになんでも共有し分かり合っていると思っていた4人が、打ち明けることができなかった日常の悩みや真実と向き合い、傷つきながら本当の自分と幸せを探していく。

 同作品に出演するまで演技の経験がなかった主演女優4人は、第68回ロカルノ国際映画祭で最優秀女優賞を受賞した。

 同作品は上映時間が317分と5時間を超えるため途中休憩(10分)がある。

 7月に開催された第74回カンヌ国際映画祭で脚本賞を受賞した「ドライブ・マイ・カー」は来月22日に公開される。

 村上春樹の短編小説集「女のいない男たち」に収録された同名作品を原作とし、別の収録作品「シェエラザード」なども映画のモチーフとしている。同作も上映時間が179分と3時間近い。

 10月に韓国・釜山で開催された第26回釜山国際映画祭で、巨匠の新作や世界的な話題作を紹介する「ガラ・プレゼンテーション」で上映され、先ごろアジア太平洋映画賞の最優秀作品賞と脚本賞を受賞した。

韓国で12月22日に公開される映画「ドライブ・マイ・カー」(映画社ジョア、トリプルピクチャーズ提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

hjc@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。