Go to Contents Go to Navigation

「ウィズコロナ」後に飲酒運転増加 夏休みシーズンより多く=韓国

記事一覧 2021.11.26 13:47

【ソウル聯合ニュース】韓国警察庁は26日、新型コロナウイルスの新たな防疫体制「段階的な日常生活の回復(ウィズコロナ)」が施行された今月1日から25日まで飲酒運転の特別取り締まりを実施した結果、計9312件を摘発したと発表した。

ウィズコロナ施行後、飲酒運転の摘発件数が増加した=(聯合ニュースTV)

 摘発件数の1日平均は372.5件。全体のうち免許取り消し相当が6771件、免許停止相当が2541件だった。

 今年7~8月の夏休みシーズンに集中的な取り締まりを実施したときと比べても摘発件数は明らかに増えている。7月の摘発件数は計9974件で1日平均322件、8月は計9507件で1日平均307件だった。

 警察庁は、ウィズコロナ施行に伴い年末年始に飲酒の機会が増えることに備え、来年1月まで繁華街などを中心に抜き打ちで飲酒運転の取り締まりを行う予定だ。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。