Go to Contents Go to Navigation

[韓流]チョン・ウソンも新型コロナ感染 芸能界で感染拡大の兆し

記事一覧 2021.11.30 20:22

【ソウル聯合ニュース】韓国で新型コロナウイルスの流行が続く中、芸能界でも相次いで感染者が発生し、感染拡大の兆しを見せている。

チョン・ウソン(資料写真)=(聯合ニュース)

 俳優のチョン・ウソンの所属事務所は30日、チョン・ウソンが2回の新型コロナワクチン接種を終えてから2週間が経過しているにもかかわらず、前日に陽性と判定されたと説明した。保健当局の指針に従って自主隔離をしているという。

 チョン・ウソンは、26日にソウルのKBSホールで開かれた第42回青竜映画賞の授賞式でイ・ジョンジェとともにプレゼンターとして舞台に立ったが、当時は発熱など新型コロナ感染が疑われる症状はなく、授賞時を除いてマスクを着用していた。一方、イ・ジョンジェは検査で陰性と判明した。

 このほか、俳優のコ・ギョンピョも検査の結果、陽性と確認されたと所属事務所が伝えた。

 コ・ギョンピョも8月と10月にワクチン接種を受けたが、「ブレイクスルー感染」したという。

 現在、米動画配信大手ネットフリックスの映画「ソウル大作戦」(原題)を撮影中で、感染によりスケジュールに影響が出るとみられる。

 今月に新型コロナの新たな防疫体制「段階的な日常生活の回復(ウィズコロナ)」が始まってから、芸能界でも感染者が相次いで発生している。

 歌手兼俳優のイム・チャンジョンが感染して活動を休止したのに続き、BLACKPINK(ブラックピンク)のリサ、SUPER JUNIOR(スーパージュニア)のシンドン、PENTAGON(ペンタゴン)のキノも感染が判明した。

 KBS第2テレビのドラマ「学校2021」は主演を務めるWEi(ウィーアイ)のキム・ヨハンの感染で初回放送が延期されたほか、バラエティー番組やドラマの出演者と制作陣の感染が判明するなど、放送業界も新型コロナの直撃を受けた。

 ミュージカル「ビリー・エリオット」は出演者の女優、パク・ジョンジャの感染により来月1日の公演が中止された。

コ・ギョンピョ(資料写真)=(聯合ニュース)

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。