Go to Contents Go to Navigation

オミクロン株対応TFがきょう会議 検疫強化など協議=韓国

記事一覧 2021.12.01 15:03

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は1日午後、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」に対応するタスクフォース(TF、特別チーム)の会議を鄭銀敬(チョン・ウンギョン)疾病管理庁長の主宰で開催し、入国時の検疫強化策などを協議する。会議は非公開で、協議内容は追って発表される予定だ。

鄭銀敬氏=(聯合ニュース)

 政府は前日、疾病管理庁と保健福祉部、国務調整室、企画財政部、行政安全部、外交部、法務部などによるオミクロン株対応TFを立ち上げた。TFの団長は鄭氏が務める。

 政府は前日、ナイジェリアから帰国した夫婦ら4人のオミクロン株感染が疑われ、検査を行っていると明らかにした。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。