Go to Contents Go to Navigation

入国者の隔離免除「一時停止を」 韓国医師会が政府に申し入れ

記事一覧 2021.12.01 16:37

【ソウル聯合ニュース】大韓医師協会は1日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の韓国への流入と国内での広がりを防ぐため、入国者の隔離免除措置を一時停止するよう政府に申し入れた。

仁川国際空港を移動する防護服姿の入国者(資料写真)=(聯合ニュース)

 現在、新型コロナワクチンの接種を完了した韓国人や隔離免除書を所持した外国人は海外から韓国に入国する際の隔離義務がない。

 政府はただ、世界的にオミクロン株の感染拡大への懸念が高まっていることを受け、同変異株の感染が確認された南アフリカなど8カ国からの外国人の入国を先月28日から禁止している。

 政府は前日、ナイジェリアから帰国した夫婦ら4人のオミクロン株感染が疑われ、検査を行っていると明らかにした。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。