Go to Contents Go to Navigation

韓国政府 シンガポールなどとのトラベルバブル維持=隔離免除

記事一覧 2021.12.02 20:09

【ソウル聯合ニュース】韓国で新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の水際対策として、3日から16日までの2週間、国籍やワクチン接種の有無に関係なく全入国者に10日間の隔離が義務付けられることに関連し、国土交通部は2日、シンガポール、サイパンと結んだ協定「トラベルバブル」は維持されると発表した。

防護服を着て移動する入国者ら=2日、仁川(聯合ニュース)

 接種完了者が隔離なしで往来することを認める同協定に基づき、これらの国からの入国者は隔離が免除される。

 トラベルバブルは、新型コロナウイルスを抑制している国・地域同士が隔離なしの自由な往来を認め合う制度。韓国は6月にサイパンと10月にシンガポールと同協定を締結した。

 ただ協定には、各国の感染状況によって制度を一時中止することを認める条項が盛り込まれている。

 国土交通部の関係者は「サイパンは主にわが国から向かうため防疫に大きい負担はない」とし、「シンガポールは、シンガポール国民の韓国入国も多いため、防疫当局と協議をしている。トラベルバブルを中止するより、PCR検査を増やすなどの防疫措置を強化する方向で検討している」と説明した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。