Go to Contents Go to Navigation

韓国国会がRCEP批准同意案を可決 来年2月初め発効へ

政治 2021.12.03 09:57

【ソウル聯合ニュース】韓国国会は2日の本会議で、地域的な包括的経済連携(RCEP)協定の批准同意案を可決した。可決から60日以降となる来年2月初めに効力が発生する見通しだ。

韓国国会がRCEP協定の批准同意案を可決した(共同取材団)=2日、ソウル(聯合ニュース)

 RCEPは東南アジア諸国連合(ASEAN)10カ国と韓国、オーストラリア、中国、日本、ニュージーランドの計15カ国が参加する多国間貿易協定。15カ国すべてで発効すれば、全世界の国内総生産(GDP)、人口、貿易規模のそれぞれで3分の1を占める世界最大の自由貿易協定(FTA)となる。

 韓国としては、日本と初めてFTAを結ぶ効果も得られる。RCEP参加国への輸出額は年間2690億ドル(約30兆4000億円)と、韓国の輸出全体のほぼ半分を占める。

 一方、中国や日本など10カ国では来年1月1日にRCEPが発効する。

 韓国は昨年11月15日に開かれたRCEP首脳会合で協定に署名し正式に加盟したが、批准手続きに時間を要した。10カ国より1カ月遅れでの発効を批判する声もある。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。