Go to Contents Go to Navigation

韓中が非対面の首脳会談推進で一致 習氏の訪韓困難なら

政治 2021.12.03 15:17

【天津聯合ニュース】韓国と中国が、中国の習近平国家主席の訪韓を目指す一方、新型コロナウイルスの感染状況などにより難しい場合はテレビ会議システムや電話を使った非対面形式の両国首脳会談を推進することで一致したようだ。韓国青瓦台(大統領府)の徐薫(ソ・フン)国家安保室長と中国外交担当トップの楊潔チ共産党政治局員が天津で2日(現地時間)に行った会談の結果を、韓国政府高官が3日に伝えた。

文大統領(左)と習氏(青瓦台提供、中国・新華社資料写真)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 同高官は「コロナのため(習氏が)北京からもなかなか出られないという限界があるが、そうした中でも首脳間の意思疎通は継続することを申し合わせた」と述べ、必要ならいつでも首脳同士が非対面形式で会談可能だと説明した。

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は就任後、2017年と19年に中国を訪れたが、習氏の答礼訪問はまだ実現していない。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 政治
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。