Go to Contents Go to Navigation

[韓流]JYPエンタの6人組バンドがデビュー「Z世代の抱負示す」

記事一覧 2021.12.06 17:38

【ソウル聯合ニュース】韓国大手芸能事務所、JYPエンターテインメントから6日、6人組ボーイズバンドのXdinary Heroes(エクスディナリー・ヒーローズ)がデビューした。

Xdinary Heroes(JYPエンターテインメント提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 Xdinary Heroesはこの日行われたデビューショーケースで、これまでになかった自分たちだけのカラーを見せることが目標だとしながら、ステージごとに最善を尽くすと意気込みを語った。

 同グループはドラマーのゴニル、キーボーディストのジョンスとO.de、ギタリストのガオンとジュンハン、ベーシストのジュヨンで結成された。グループ名は「Extraordinary Heroes」の略語で、誰もがヒーローになれるという思いが込められている。

 リーダーのゴニルは「グループ名を初めて聞いた時は、少し長くて発音しづらいのではないかと心配したがすぐに慣れ、特色のあるグループならではのアイデンティティーになりそうでよいと思っている」と語った。

 ジョンスとガオンが曲作りに参加したデビュー曲「Happy Death Day」は、最も幸せで祝福されるべき日に直面した冷たい真実を歌った曲だ。誕生日パーティーに招待され、表向きは笑顔で祝っているが、裏では表情が変わる人々の二面性にスポットを当てた。

 ガオンは「虚飾と偽善を見せる人々を風刺する内容の曲だ」とし、「この曲を通じてZ世代ならではの力強い抱負を示したい」と力を込めた。

 ジュンハンは「Happy Death Day」は強烈で新鮮な魅力に満ちた曲だ」とし、「この曲でXdinary Heroesだけのカラーを確実にお見せしたい」と強調した。

 メンバーはそれぞれ異なるいきさつでJYPエンターテインメントに入り、バンドの一員になった。O.deとジョンスはもともとダンスチームに所属していたが、2人の持つリズム感とバンドを融合させようという事務所の提案によって楽器を習うことになった。

 ゴニルは「小学校6年生の時に両親とともに米国に移民した」とし、「慣れない環境に適応しなければならない状況で、言語の壁のために憂鬱(ゆううつ)な日々を送っていたが、親しい先輩の勧めでドラムを習うことになった」と説明。「ドラムをたたいた瞬間から音楽と恋に落ちた」としながら、ドラムをたたくことで失った自信感を取り戻し、大学にも進学できたと話した。

 ジュヨンは「ヒーローの『ハルク』のように、普段は平凡な姿でステージに上がると別人になるような、ユニークな姿を見せたいです」と語った。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。