Go to Contents Go to Navigation

文大統領 コロナ自宅療養者への追加支援検討を指示

記事一覧 2021.12.06 20:32

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は6日、在宅治療(自宅療養)の対象である新型コロナウイルス感染者に対し、生活支援費の支給だけでなく、別の支援も検討するよう金富謙(キム・ブギョム)首相に指示した。

自宅療養者に届ける健康管理セットや薬を整理するソウル市陽川区の関係者(資料写真)=(聯合ニュース)

 感染者の同居人が出勤できないなどの理由で被害が発生した場合、生活支援費だけでは十分な補償にならないという指摘が出たことを受け、追加対策を講じるよう指示したものと受け止められる。

 政府は先月29日の特別防疫点検会議で、医療体制を在宅治療中心に切り替えることを確認した。

 在宅治療者の家族などの同居人は10日間の外出禁止となるため、生活支援費が支給されるが、政府はこのほかの支援策は検討しないとしていた。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。