Go to Contents Go to Navigation

韓国政府 防疫指針の外国人差別を是正へ=9日に詳細発表 

記事一覧 2021.12.07 18:38

【ソウル聯合ニュース】新型コロナワクチンを海外で接種した場合の扱いが韓国人と外国人で異なるのは差別にあたるとの指摘が出ていることについて、韓国防疫当局は7日、制度を改善して是正する方針を明らかにした。

ワクチン接種証明(コラージュ)=(聯合ニュースTV)

 新型コロナ予防接種対応推進団はこの日の会見で「外国でコロナワクチンを接種し、隔離免除書なしで入国した外国人に対しても接種歴を確認する方法を探している」と説明した。

 また「(外国人も)韓国人と同じように3回目の接種が受けられるようにする」とし、「今週中にも制度改善を終え、木曜日(9日)ごろに詳細を発表する」と伝えた。

 現行の指針では、海外でコロナワクチンを接種した韓国人は国内でも接種歴が認められるが、外国人は隔離免除書がある場合のみ接種歴が認められる。隔離免除書がない外国人は海外で接種したとしても韓国では接種歴が認められない。

 このような対応の違いが外国人に対する差別にあたるとする批判が出ていた。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。