Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮がオミクロン株警戒 感染防止策を徹底

記事一覧 2021.12.08 11:23

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」に警戒感を示している。朝鮮中央通信は8日、「感染力の強い変異ウイルスが5大陸のいくつもの国と地域で急速に広がっている」とし、「中央非常防疫部門と各級の非常防疫部門では感染拡大の状況を鋭意注視している」と伝えた。

小学校での消毒作業(資料写真)=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 中央通信は「ウイルスの流入を徹底的に遮断して感染を未然の防ぐためのわれわれ式の先んじた防疫措置を講じている」とした。

 また、手指の消毒やマスク着用、検温などの習慣化を呼び掛けた。当局は発熱者の把握にも努めているようだ。

 一方、北朝鮮は現在も新型コロナウイルスの感染者はゼロと報告している。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。