Go to Contents Go to Navigation

G20サミットの準備会議開催 保健・気候変動など協力強化へ

記事一覧 2021.12.09 14:19

【ソウル聯合ニュース】来年10月にインドネシアのバリで開かれる主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)に向け、首脳補佐役を務める「シェルパ」による会議が7、8両日、オンラインとオフラインを組み合わせたハイブリッド形式で開かれた。

来年開催されるG20サミットのロゴ(ホームページより)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 韓国外交部によると、政府からは崔京林(チェ・ギョンリム)G20国際協力大使が出席し、低所得国に対する新型コロナウイルスワクチンの支援と地域別のワクチン生産ハブの構築、国際保健体制の強化、デジタル経済への転換などの重要性を強調した。

 また、今年イタリア・ローマで開かれたG20サミットで宣言した、来年半ばまでの世界人口の70%へのワクチン接種を達成するためには積極的なモニタリングが必要だと指摘。気候変動への対応に関する協力も強化すべきだと提言した。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。