Go to Contents Go to Navigation

臨時政府の対日宣戦布告80周年 10日に記念式開催=韓国

記事一覧 2021.12.09 15:10

【ソウル聯合ニュース】大韓民国臨時政府の対日宣戦布告から80周年となる10日、韓国光復軍記念事業会の主管する記念式典がソウルの白凡金九記念館で開催される。

2017年に開催された臨時政府の対日宣戦布告76周年の記念式の様子(資料写真)=(聯合ニュース)

 国家報勲処によると、式典では大韓民国臨時政府の対日宣戦声明書の朗読、記念公演、万歳三唱などが行われる。独立運動家で臨時政府の主席を務めた金九(キム・グ)の孫が声明書を朗読する予定だ。

 対日宣戦声明書は、日本の真珠湾攻撃で太平洋戦争が開戦したことを受け、大韓民国臨時政府が1941年12月10日に発表した宣戦布告文。「韓国の全人民は現在すでに反侵略戦線に参加して一つの戦闘単位になっており、軸心国(枢軸国)に対して宣戦する」などと記されている。

 式典は新型コロナウイルスの流行を踏まえ、来賓を最小限に抑えて開催される。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。