Go to Contents Go to Navigation

韓国政府の研究開発予算 来年2.9兆円に=歳出総額の4.9%

記事一覧 2021.12.09 19:00

【ソウル聯合ニュース】韓国科学技術情報通信部は9日、3日の国会本会議で2022年度(1~12月)予算案が可決され、来年の国の研究開発(R&D)予算が計29兆7770億ウォン(約2兆9000億円)で確定したと発表した。

2022年度の予算が確定した(イラスト)=(聯合ニュース)

 来年度のR&D予算は今年度(27兆4005億ウォン)より8.7%多く、来年の歳出総額607兆7000億ウォンの4.9%を占める。 

 当初政府は来年度のR&D予算として29兆8006億ウォンを計上し、国会に提出していた。ただ国会審議の過程でバイオやエネルギーなどの分野の予算が1393億ウォン増額され、国防、中小企業などの分野が1630億ウォン減額されたことで、政府予算案より236億ウォン減額された。

 政府は来年、韓国版ニューディール関連のR&D事業に3兆5000億ウォンを投じる計画だ。デジタルニューディールに1兆7000億ウォン、グリーンニューディールに1兆8000億ウォンをそれぞれ投じ、人工知能(AI)や再生可能エネルギーの核となる独自技術の開発などを支援する。

 成長が見込まれる3大重要産業のバイオヘルス(1兆9000億ウォン)、次世代自動車(5000億ウォン)、システムLSI(大規模集積回路、4000億ウォン)には計約2兆7000億ウォンの予算が使われる。

 素材・部品・装備(装置や設備)分野に関連したR&Dには2兆3000億ウォンの予算投入が確定した。供給の安定を確保し、新たな供給網を作るためなどに使われる。

 災害対策や先端科学技術を用いた治安向上など国民の安全に関連するR&Dには1兆7000億ウォンが投じられる。

 感染症対策のため、新型コロナウイルスの治療薬やワクチンの開発などに5000億ウォンが投じられる。

 来年度の政府R&D事業は計38の政府機関が担当する。官庁別では科学技術情報通信部が9兆4000億ウォンで最も多く、産業通商資源部(5兆5000億ウォン)、防衛事業庁(4兆8000億ウォン)、教育部(2兆4000億ウォン)、中小ベンチャー企業部(1兆8000億ウォン)、海洋水産部(9000億ウォン)と続いた。

 科学技術情報通信部は「今回の国会審議の過程で、予算が増額された事業を中心に関係官庁と事業企画の補完などを協議し来年のR&D事業の効率的な推進を支援する」と説明した。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。