Go to Contents Go to Navigation

文大統領 フェイクニュース対策強調=民主主義サミットで

記事一覧 2021.12.10 09:21

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は10日(日本時間)、バイデン米大統領主催の「民主主義サミット」で、「フェイクニュースから民主主義を守る自浄能力を養わなければならない」との考えを示した。

民主主義サミットに出席した文大統領=(聯合ニュース)

 サミットはこの日からオンライン形式で2日間にわたり開かれる。約110カ国・地域の首脳らが招かれた。

 文大統領は「人類は民主主義とともに、歴史上経験したことのない繁栄を遂げたが、ポピュリズムと過激主義、不平等と二極化、フェイクニュース、嫌悪、憎悪などに直面している」と指摘。「民主主義を守り抜くための方策について真剣な論議が必要なときだ」と強調した。

 また「個人の自由と表現の自由はしっかり保障しつつ、皆のための自由と調和が取れるようにしなければならない」としたうえで、言論の自由を保障しながらフェイクニュースなどの弊害を警戒すべきだと呼びかけた。

 文大統領は「韓国は半世紀の間に戦争の廃墟から立ち上がり、軍事独裁と権威主義体制を克服しながら最も躍動的な民主主義への発展を遂げる過程で国際社会から多くの助けを受けた」とし、民主主義強化に向け積極的に協力し寄与すると重ねて強調した。

 一部では、サミット開催の背景に中国をけん制する狙いもあり、文大統領の出席自体が韓中関係にマイナス要因として働くのではないかとの懸念も出ている。

 こうした状況を踏まえてか、文大統領は中国に関する言及はせずに慎重な姿勢を見せた。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。