Go to Contents Go to Navigation

コロナワクチン 追加接種までの間隔を3カ月に短縮=韓国

記事一覧 2021.12.10 10:01

【ソウル聯合ニュース】韓国の金富謙(キム・ブギョム)首相は10日、仁川市庁で開いた新型コロナウイルス対応を巡る中央災難(災害)安全対策本部の会議で、18歳以上の人について、ワクチンの2回目接種と3回目の追加接種の間隔を3カ月に短縮すると発表した。

会議で発言する金富謙首相=10日、仁川(聯合ニュース)

 現在、18~59歳の人は追加接種までの間隔が5カ月、60歳以上は4カ月で、余剰ワクチンによる接種を受ける場合はそれぞれ1カ月短縮できる。1日当たりの新規感染者数が連日7000人を超え、感染拡大が深刻になっている状況を受け、政府は間隔を短縮することでワクチン追加接種の加速を図る。

 金氏は「3日連続で7000人台の感染者が発生し、医療対応の余力が急速になくなっている」と危機感を示した。重症化率が予想より高まっているとし、重症者を治療するための病床確保が急がれるとも指摘した。これまでに出した病床確保のための3回の行政命令を滞りなく履行するとともに、10日に首都圏以外の地域の総合病院を対象に追加の行政命令を出し、約1700病床を確保すると説明した。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。