Go to Contents Go to Navigation

サムスン電子 スマホなど扱う「無線事業部」を「MX事業部」に名称変更

記事一覧 2021.12.10 16:06

【ソウル聯合ニュース】韓国のサムスン電子は10日、スマートフォン(スマホ)事業などを担う無線事業部の名称を「MX(Mobile Experience)事業部」に変更すると発表した。

サムスン電子の折り畳み式スマートフォン(資料写真)=(聯合ニュース)

 同社は、未来志向の価値を反映すると同時に価値あるユーザーエクスペリエンスを最優先とする経営哲学を投影させ、急変する事業環境と多角化するユーザーの需要に先制的に対応するという趣旨だと説明した。

 新しい名称の「MX」は、スマホからタブレット、PC、ウエアラブルなどの製品をはじめ、顧客サービスまで便利に連携した「ギャラクシーエコシステム」と、オープン型のパートナーシップによって消費者に最適化された経験を提供するという意志を強調するものだ。

 また、消費者に無限の可能性を開く新たな経験を提供するという目標を込めたという。

 サムスン電子は今回の名称変更により、ユーザーエクスペリエンス中心の業界リーダーとして製品やサービスの拡張性と連携性をベースにギャラクシーエコシステムを引き続き拡大するなど、総合的な経験革新を推進する計画だ。

 サムスン電子の無線事業部は、携帯電話事業をはじめタブレットやPC、ウエアラブルなどさまざまな製品とサービスで事業を拡大してきた。2010年にはフラッグシップスマホ「ギャラクシーS」を発表し、スマホ市場をリードしてきた。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。