Go to Contents Go to Navigation

韓国南西部でオミクロン株の連鎖感染確認 新たに感染者7人

記事一覧 2021.12.12 15:54

【ソウル聯合ニュース】韓国の中央防疫対策本部は12日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染者が15人増え、計90人になったと発表した。15人のうち7人はオミクロン株の感染が確認された南西部・全羅北道在住の外国人留学生に関係しており、同地域で連鎖感染が起きていることが明らかになった。

オミクロン株への感染が疑われる人が約10人確認された全羅南道・咸平の市街地が閑散としている=12日、咸平(聯合ニュース)

 留学生は先月25日にイランから韓国入りしたアフガニスタン国籍の30代で、今月5日に新型コロナ感染が確認され、10日にオミクロン株への感染が判明した。留学生に関係する新型コロナ感染者が38人確認され、このうち留学生の家族3人がオミクロン株への感染が判明。家族を通じ、保育園で1人の同株の感染が明らかになった。この保育園では家族の集まりを通じ全羅南道の保育園で3人のオミクロン株感染が確認された。

 この日確認されたオミクロン株の感染者のうち、4人はコンゴ民主共和国(2人)、英国、ロシアからの入国者だった。いずれも西部・仁川の教会に関係している。

 一方、オミクロン株への感染が疑われる事例が32件確認されている。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。