Go to Contents Go to Navigation

韓国政府がTPP加盟推進を発表 「社会的議論に着手」

記事一覧 2021.12.13 11:07

【世宗聯合ニュース】韓国政府が環太平洋経済連携協定(TPP)加盟に向けた手続きを事実上、開始した。

会議で発言する洪楠基副首相=13日、ソウル(聯合ニュース)

 洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政部長官は13日の対外経済閣僚会議で、「TPP加盟に向けた世論の取りまとめと社会的議論に着手する」と発表した。中国と台湾のTPP加盟申請、韓中日や東南アジア諸国連合(ASEAN)各国など計15カ国が参加する地域的な包括的経済連携(RCEP)協定の発効など、アジア太平洋地域内で経済秩序が活発に変化しており、TPP加盟議論をもはや政府内にとどめておけないと背景を説明した。

 TPPは米国が離脱したことを受け、現在は日本やオーストラリア、メキシコなど11カ国が加盟している。10月に中国と台湾が相次いで加盟申請を行ったことで、関心が高まった。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。