Go to Contents Go to Navigation

済州の沖合でM4.9の地震 大きい揺れ観測=韓国気象庁

記事一覧 2021.12.14 18:22

【ソウル聯合ニュース】韓国気象庁は、14日午後5時19分ごろ済州道西帰浦市の西南西41キロの海域でマグニチュード(M)4.9の地震が発生したと発表した。

韓国気象庁によると、済州道西帰浦市の西南西41キロの海域でマグニチュード4.9の地震が発生した(気象庁ホームページから)=14日、ソウル(聯合ニュース)

 震源の深さは17キロと推定される。

 気象庁は「済州道民が大きい揺れを感じたと思われる」とし、「被害の有無を確認中だ。地盤が弱いところは被害がある可能性がある」と説明した。 

 気象庁は当初、地震の規模をM5.3と発表した後、下方修正した。震源地も西帰浦市の西南西32キロの海域から41キロに訂正した。

 消防庁によると、午後5時40分時点では被害の届け出はないものの、揺れの報告が相次いだという。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。