Go to Contents Go to Navigation

スマホ世界シェア サムスンが20%で1位=7~9月期

記事一覧 2021.12.15 13:53

【ソウル聯合ニュース】香港の調査会社カウンターポイントリサーチが15日に公表した報告書によると、韓国・サムスン電子の今年7~9月期のスマートフォン(スマホ)出荷台数は前年同期比20%増の6900万台だった。世界シェアは20%で1位。

サムスン電子の折り畳みスマホ「ギャラクシーZフォールド2」(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 ただ、サムスン電子がシェア1位となった国の数は、2019年7~9月期の46カ国から昨年同期は45カ国、今年同期は43カ国と減少した。カウンターポイントリサーチは、米国と欧州の一部の国では米アップルのロイヤルカスタマーが支配的で、インドでは中国の小米(シャオミ)が攻勢をかけているほか、メキシコなどでは米モトローラがシェアを広げているとの分析を示した。

 カウンターポイントリサーチのアナリストは、サムスン電子は折り畳みスマホの技術・ノウハウと価格競争力を前面に出して折り畳みスマホ市場での「超格差」を広げる必要があり、新興市場では高速通信規格「5G」対応スマホのラインアップ拡充が求められると指摘した。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。