Go to Contents Go to Navigation

ソウル市 出生数が20年で64%減=今年人口自然減に

記事一覧 2021.12.16 06:00

【ソウル聯合ニュース】韓国ソウル市が16日に発表した資料によると、2000~20年に同市での結婚件数が半分近く、出生数が64%減少した。また今年から出生数が死亡数を下回る「自然減」になる見通しであることが分かった。

ソウル市の人口が今年から自然減になる見通しだ(コラージュ)=(聯合ニュース)

 分析の結果2020年のソウル市民の結婚件数は4万4746件でこの20年で最低だった。前年より7.3%(3515件)、00年の7万8745件より43.2%(3万3999件)減った。

 昨年の平均初婚年齢は男性が33.61歳、女性が31.60歳、00年よりそれぞれ3.96歳、4.35歳上昇した。 

 昨年の平均出産年齢は33.98歳となり、00年(29.49歳)より4.49歳上昇した。結婚してから子をもうけるまでにかかる時間は平均2.6年だった。

 昨年の離婚件数は1万6282件で19年より4.1%(690件)減少した。結婚期間が30年以上の夫婦の離婚が20.6%で、4年以下の離婚の割合(17.6%)を初めて上回った。

 熟年離婚が増え、昨年離婚した夫婦の平均婚姻期間は18.5年となり、20年前より7年伸びた。離婚した年齢の平均は男性が51.1歳、女性が48.3歳で20年前よりそれぞれ10.3歳、10.9歳上昇した。 

 昨年の出生数は4万7445人で19年より11.6%(6228人)、20年前より64.3%(8万5709人)減少した。

 女性1人が生涯に産む子どもの推定人数「合計特殊出生率」 は00年の1.28人から20年は0.64人に減った。同期間、2人目以上の子どもを産む人の割合は47.6%から36.4%に減った。

 昨年の死亡者数は4万5522人で、19年より4.0%(1693人)増えた。出生数よりわすか1923人少ない。

 ソウル市は、今年は例年より人口の減少幅が大きく、月ごとの増減を考慮すると、2021年にソウルは自然減に入るとみられると説明した。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。