Go to Contents Go to Navigation

TPP加盟 現政権で申請目指す=韓国経済副首相

記事一覧 2021.12.15 20:02

【世宗聯合ニュース】韓国の洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政部長官は15日に開いた海外メディア向けの記者会見で、環太平洋経済連携協定(TPP)加盟に向けた手続きについて、「加盟国との非公式の協議を続け、現政権の任期中に加盟申請書を提出することを目標にしている」と明らかにした。

洪楠基氏(企画財政部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 洪氏は全世界の国内総生産(GDP)の13%を占めるTPPは規模でみれば、韓中日や東南アジア諸国連合(ASEAN)各国など計15カ国が参加する地域的な包括的経済連携(RCEP)より小さいが、「地域的、戦略的側面を考慮すれば重要だ」と強調した。 

 また「TPP加入に伴う貿易増加効果が期待され、国内の経済体質をアップグレードするモメンタム(勢い)にすることができると考える」とし、「ただ農業や水産業などセンシティブな分野については政府が国益を最大限確保する範囲で交渉し、被害を受ける範囲については政府が支援しなければならない」と述べた。 

 洪氏は「加盟国と機会があれば非公式に接触しており、ほとんどが韓国の加盟を歓迎する立場」としながらも、「日本の場合は、他の問題と関連して(接触に)消極的で接触が多くなく、成果も多くなかった」と説明した。

 日本が韓国の加盟に否定的な反応を見せていることについては、「外交的、司法的事案と結びつくものではない」と指摘した。また韓国が福島など8県産の水産物輸入を禁止していることについては、「協議の過程で議論されると思う」との認識を示した。 

 世界の供給網(サプライチェーン)問題に関しては、「日本の(韓国に対する)輸出制限が韓国政府にとってワクチンとして作用した」とし、「経済安保戦略会議と供給網関連企画団を通じて主な品目について、対応システムを備える」と説明した。 

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。