Go to Contents Go to Navigation

朝鮮戦争戦死者の遺骨370柱を収集 国立墓地で式典=韓国 

記事一覧 2021.12.20 11:10

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は20日、朝鮮戦争戦死者の遺骨収集事業で今年見つかった370柱の遺骨の「奉安式」を国立墓地の国立ソウル顕忠院で執り行った。

白馬高地での遺骨収集(資料写真)=(聯合ニュース)

 国防部の遺骨発掘鑑識団、陸軍と海兵隊の部隊は今年3~11月、戦地だった41カ所で遺骨の収集にあたった。370柱のうち64柱は、当時の激戦地で現在は南北軍事境界線を挟む非武装地帯(DMZ)に位置する矢じり高地と白馬高地の韓国側地域で見つかった。

 式典には金富謙(キム・ブギョム)首相をはじめ、国防部や国家報勲処など関係官庁の関係者が出席した。

 遺骨は国防部遺骨発掘鑑識団内の遺骨保管所に保管される予定だ。 

 遺骨収集事業は朝鮮戦争勃発から50年となる2000年に始まった。これまでに韓国軍戦死者の遺骨は約1万2000柱見つかっている。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。