Go to Contents Go to Navigation

コロナ中等症以上用の病床 2万5千床に拡充へ=韓国

政治 2021.12.22 11:10

【ソウル聯合ニュース】韓国で新型コロナウイルスの重症者用病床の使用率が連日80%台に達し、病床不足が指摘されていることを受け、政府は来月までに中等症以上の患者用の病床を2万5000床に増やす。金富謙(キム・ブギョム)首相が22日、中央災難(災害)安全対策本部の会議で病床拡充計画を発表した。

会議で発言する金首相=22日、ソウル(聯合ニュース)

 金氏は国立中央医療院、ソウル医療院など一部の公共病院を新型コロナ専門病院に転換し、現在は約1万5000床ある中等症以上用の病床を来月半ばまでにさらに1万床ほど確保すると説明した。これにより、1日当たりの新規感染者数が1万5000人に上っても対応できる体制を整えるとしている。

 新型コロナのワクチン接種に関しては、1週間前から1日当たりの接種者が100万人を超えており、17歳以下の青少年の接種予約率は70%に迫っているとし、国民の接種への協力に感謝の意を伝えた。

tnak51@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。