Go to Contents Go to Navigation

韓国大統領選の与党候補が「減原発」言及 引き続き稼働も新設はせず

政治 2021.12.22 13:50

【ソウル聯合ニュース】来年3月に実施される韓国大統領選の革新系与党「共に民主党」候補、李在明(イ・ジェミョン)前京畿道知事は22日、原子力発電について「文在寅(ムン・ジェイン)政権の脱原発政策に問題があったというのが野党の主張だ。李在明政権の原発政策は『減原発』だ」とし、「すでに稼働しているか建設中の原子力発電所は(稼働・建設を)そのまま続けて運転期限まで使うが、新規には建設しない」と述べた。党本部で科学技術の公約を発表した後、記者団に語った。

科学技術の公約を発表する李在明氏(国会写真記者団)=22日、ソウル(聯合ニュース)

 李氏は、現在の計画では2084~85年までは原発を使い続けることになり、電源構成に占める割合もかなり高いと説明した。ただ、原発を新設して稼働するには10年ほどかかり、その間に原発の発電コストと再生可能エネルギーの発電コストが逆転するとの観測もあり、もう少し状況を見守る必要があるとした。

 一方、設計段階で中断された新ハンウル原発3、4号機建設に関しては、「文在寅政権では一旦、(国民の意見を取りまとめながら建設の是非を議論する)国民公論を経て、進めないことを決定した。廃棄というよりは、現時点では止まっているもの」と言及した。さらに、「あらためて、実効性や廃棄物処理費などを客観的に判断する。客観的な資料に基づく国民の合理的な判断を尊重する」と述べた。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 政治
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。