Go to Contents Go to Navigation

韓国大統領選候補 与党の李氏支持率35%・野党の尹氏29%

記事一覧 2021.12.23 14:12

【ソウル聯合ニュース】韓国の世論調査会社4社が23日に発表した来年3月の大統領選候補の支持率は、革新系与党「共に民主党」の李在明(イ・ジェミョン)前京畿道知事が2週間前の前回調査より3ポイント低い35%、保守系最大野党「国民の力」の尹錫悦(ユン・ソギョル)前検事総長は7ポイント下落の29%となった。李氏よりも尹氏の下げ幅のほうが大きく、両氏の差は2週前の前回調査の2ポイントから6ポイントに拡大した。ただ、依然として誤差の範囲内にとどまっている。

李在明氏(右)と尹錫悦氏(資料写真、国会写真記者団)=(聯合ニュース)

李在明氏(右)と尹錫悦氏(資料写真、国会写真記者団)=(聯合ニュース)

 中道系野党「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)代表の支持率は6%、革新系野党「正義党」の沈相ジョン(シム・サンジョン)元党代表は4%だった。

 支持する候補がいないと回答するか、回答を保留にした人の割合は25%となり、前回より8ポイント上昇した。李氏、尹氏とも本人・家族巡る疑惑が報じられており、選択を保留にする有権者が増えたとみられる。

 大統領選候補の家族に対する検証は当然と答えた人は68%で、不適切とする回答(28%)を上回った。

 大統領選で「国政運営に対する審判のため野党候補に投票すべき(政権審判論)」との回答と「安定的な国政運営のため与党候補に投票すべき(国政安定論)」はいずれも42%となった。政権審判論は4ポイント下落したが、国政安定論は変わらなかった。

 一方、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率は2週間前から2ポイント上昇し45%、不支持率は3ポイント下落の49%だった。

 調査はエムブレインパブリック、ケイスタットリサーチ、コリアリサーチ、韓国リサーチの4社が20~22日、全国の18歳以上の1000人を対象に実施した。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。