Go to Contents Go to Navigation

サムスントップ 文大統領に「6Gに備えている」=恩赦には触れず

記事一覧 2021.12.27 19:43

【ソウル聯合ニュース】韓国サムスングループ経営トップの李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長は27日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が大企業の代表を青瓦台(大統領府)に招いて開いた昼食会で、通信は重要なインフラであり、ワクチンと似た点があるとし、先手を打って投資すれば、必要なときに効果的に使うことができ、次世代高速通信「6G」への対応にも備えていると述べた。青瓦台(大統領府)の朴ギョン美(パク・ギョンミ)報道官が伝えた。

握手を交わす文大統領(右)と李在鎔氏=27日、ソウル(聯合ニュース)

 一方、関心を集めた李氏の特別赦免(恩赦)に関する話は一切行われなかったという。

 青瓦台高官は記者団に対し、「会話は非政治的なテーマに限定して進行された」とし、「赦免という単語が出てくることもなく、遠回しに赦免を示す表現もなかった」と説明した。 

 サムスンからなどの収賄罪で服役していた朴槿恵(パク・クネ)前大統領の特別赦免が先ごろ発表されたため、昼食会で文大統領が李氏に個別のメッセージを出すかに関心が集まっていた。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。