Go to Contents Go to Navigation

国連分担金 韓国は9位に上昇=北朝鮮は133位

記事一覧 2021.12.28 20:53

【ソウル聯合ニュース】24日に開かれた国連総会本会議で2022~24年の国連予算の新たな国別分担率が決まり、通常予算で韓国は9番目に多い2.574%を負担することが決まった。外交部が28日伝えた。

2022~24年の国連予算の新たな国別分担率が決まり、通常予算で韓国は9番目に多い2.574%を負担することが決まった=(聯合ニュースTV)

 通常予算の分担率の1位は米国で、2位が中国、3位が日本。ドイツ、英国、フランス、イタリア、カナダ、韓国と続いた。

 韓国の分担率は2019~21年の2.267%より、0.307ポイント上昇した。分担率の順位も11位から9位に上昇した。

 国連に加盟した1991年の0.69%から約30年で約3.7倍増加した。

 国連平和維持活動(PKO)予算の分担率も2019~21年の10位から2022~24年は9位に上昇した。

 分担率は各国の国民総所得(GNI)などを基に決まる。

 一方、北朝鮮の通常予算の分担率は2019~21年の0.006%(129位)から2022~24年は0.005%(133位)に減った。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。