Go to Contents Go to Navigation

韓国捜査機関 最大野党議員の過半60人の通信記録を照会

記事一覧 2021.12.29 09:04

【ソウル聯合ニュース】韓国の高位公職者犯罪捜査処(公捜処)が、保守系最大野党「国民の力」に所属する国会議員105人のうち、少なくとも60人の通信記録を照会していたことが29日、分かった。

野党議員に対する通信記録照会を告発した「国民の力」(資料写真)=(聯合ニュース)

 国民の力によると、公捜処がこれまでに通信記録を照会した同党議員は、現時点で60人確認されている。金起ヒョン(キム・ギヒョン)院内代表をはじめ、政策委員会議長、院内首席副代表、最高委員などの党役員も含まれているという。このほか、国会議員を補佐する6人も照会対象とされた。

 国民の力は公捜処が大規模な違法査察を行ったとして、公捜処の廃止とトップの金鎮ウク(キム・ジンウク)処長の辞任を求めている。

 公捜処は政府高官らによる不正を捜査する組織で、今年発足した。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。