Go to Contents Go to Navigation

アフリカ11カ国からの入国禁止を4週間延長 オミクロン株対策=韓国

記事一覧 2021.12.29 13:44

【ソウル聯合ニュース】韓国の中央防疫対策本部は29日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の流入防止策として、アフリカ11カ国を対象に短期滞在の外国人の入国を禁止している措置を来年2月3日まで4週間延長すると発表した。当初は1月6日で終了予定だった。

ひっそりとした仁川国際空港の出発ロビー(資料写真)=(聯合ニュース)

 海外からのオミクロン株流入による感染者が増加傾向にあることや、国内外でのリスク分析結果、旧正月(来年は2月1日)連休時のオミクロン株流入増加の可能性を踏まえ、総合的に判断したという。

 アフリカ在留の韓国人を輸送する週1回の特別便を除き、エチオピアを出発する直行便の韓国乗り入れも引き続き停止する。

 中央防疫対策本部はまた、シンガポールから韓国への直行便の航空券の新規販売を今月29日から来月20日まで原則的に停止することを決めた。予約済みの航空券でシンガポールから韓国に入国した人については隔離免除を維持する。

 韓国はシンガポールとの間で接種完了者が隔離なしで往来することを認める協定「トラベルバブル」を結んでいるが、オミクロン株の流入を食い止めるために航空券の新規販売の停止を決めた。シンガポールも来月20日まで、韓国出発の航空券の新規販売を停止する。

仁川国際空港の出発カウンターにも人影はない(資料写真)=(聯合ニュース)

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。