Go to Contents Go to Navigation

被選挙権年齢を18歳に引き下げ 国会で法案可決=韓国

記事一覧 2021.12.31 13:48

【ソウル聯合ニュース】韓国国会は31日に本会議を開き、国会議員選挙と地方選挙の被選挙権年齢を満25歳から満18歳に引き下げることを盛り込んだ公職選挙法改正案を可決した。

国会で開かれた本会議(国会写真記者団)=31日、ソウル(聯合ニュース)

 同改正案により、高校3年生も満18歳を過ぎれば国会議員選挙などに立候補できる。来年3月9日に大統領選と共に実施される再・補欠選から適用される。

 同改正案は大統領選を控え、若者の取り込みを意識した与野党が協力し、速いスピードで可決に至った。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。