Go to Contents Go to Navigation

今年の美術品競売 落札額トップ10に草間彌生5点・李禹煥2点=韓国

記事一覧 2021.12.31 16:46

【ソウル聯合ニュース】活況を呈した今年の韓国美術品オークション市場で、日本の前衛芸術家の草間彌生と韓国出身の現代美術家の李禹煥(イ・ウファン)が絶対的な存在感を誇った。

草間彌生の1981年の作品(ソウルオークション提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 韓国美術市価鑑定協会によると、ソウルオークション、Kオークションをはじめとする国内競売会社8社のオークション実績を分析した結果、2021年の国内美術品オークション市場の落札総額はおよそ3294億ウォン(約320億円)で、前年の約3倍だった。出品作は計3万2955点、落札作は2万2235点で、落札率は67.5%だった。

 落札総額が最も大きかったのは昨年に続き李禹煥の作品で、約395億ウォン。今年は出品作507点のうち414点が落札された。

 2位は草間彌生の作品で約365億ウォン。出品作238点のうち199点が落札された。李禹煥と草間彌生の作品の販売額が落札総額の約23%を占めた。

 最高落札額を記録したのは、昨年に続き今年も草間彌生の作品だった。かぼちゃをモチーフにした1981年の作品が54億5000万ウォンで落札された。落札額のトップ10に草間彌生の作品が5点、李禹煥の作品が2点入った。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。