Go to Contents Go to Navigation

最大野党院内代表が辞任表明 「刷新に取り組む」=韓国

記事一覧 2022.01.03 17:28

【ソウル聯合ニュース】韓国の保守系最大野党「国民の力」の金起ヒョン(キム・ギヒョン)院内代表は3日の議員総会で、「院内代表の私から先頭に立って刷新に取り組むと決心した」とし、共同選対委員長と院内代表を退くことを表明した。

国会で開かれた議員総会で発言する金起ヒョン氏(国会写真記者団)=3日、ソウル(聯合ニュース)

 金氏はフェイスブックに「現在、われわれが置かれた状況について党指導部が最大の責任を負うべきだ。国民の力は政権交代を願う国民の声に背を向けてはならない」と投稿し、辞任の可能性を示唆していた。

 政策委員会議長らの幹部も辞任する見通しだ。党指導部は、金鍾仁(キム・ジョンイン)総括選対委員長が選対委の全面改編の方針を明らかにした状況の中で、刷新の流れに同調すべきだとの意見をまとめたという。

 同党の関係者は聯合ニュースの電話取材に対し「金委員長が選対委の全面的な革新を表明しているのに、党指導部がじっとしていることができるのかという論議があった」と述べた。

 3月の大統領選を控え、選対委では李俊錫(イ・ジュンソク)党代表と、同党大統領選候補の尹錫悦(ユン・ソギョル)前検事総長の側近である趙修眞(チョ・スジン)党最高委員らとの間で対立が激化し、先月李氏が共同常任選対委員長辞任を表明。内紛が収まらず、党内で危機感が高まっている。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。