Go to Contents Go to Navigation

韓国完成車5社の21年販売 反動増で前年比2%増=国内は全社減少

記事一覧 2022.01.03 20:08

【ソウル聯合ニュース】韓国完成車メーカー5社の昨年の販売台数が前年比2%増の743万465台を記録したことが3日、分かった。

現代の小型トラック「ポーター2」(同社提供)=(聯合ニュース) 

 半導体不足の影響をまともに受けたものの、新型コロナウイルス禍で不振だった2020年の反動増となったとみられる。 

 現代自動車、起亜自動車、韓国GM、ルノーサムスン自動車、双竜自動車の5社が発表した資料によると、昨年の5社の販売台数は国内が143万3605台、海外が599万6860台だった。

 世界販売台数は現代(3.9%)、起亜(6.5%)、ルノーサムスン(14.3%)の3社が前年より増加し、韓国GM(マイナス23.2%)と双竜(マイナス21.3%)は前年より減少した。

 国内は5社すべて減少となり、現代が7.7%減、起亜が3.1%減、韓国GMが34.6%減、ルノーサムスンが36.3%減、双竜が35.9%減となった。

 海外販売はルノーサムスンが254.3%増、双竜が44.1%増、起亜が9.1%増、現代が7.0%増と好調だったが、韓国GMは21.7%減となり、国内、海外ともに減少した。

 昨年の国内販売は現代の小型トラック「ポーター2」が9万2218台で最多販売モデルとなった。

 20年まで4年連続国内販売台数1位だった現代の大型セダン「グレンジャー」は8万9084台で2位だった。

 10万台を突破したモデルが1台もなかったのは、2016年以来。

 国内販売台数の上位10位はすべて現代と子会社の起亜のモデルだった。起亜の多目的レジャー車(RV)の「カーニバル」(7万3503台)、起亜のRV「ソレント」(6万9934台)、現代の小型セダン「アバンテ」(7万1036台)、現代の中型セダン「ソナタ」(6万3109台)、起亜のトラック「ボンゴ」(5万9729台)、起亜の中型セダン「K5」(5万9499台)、現代の高級車ブランド「ジェネシス」の大型セダン「G80」(5万9463台)、現代のRV「パリセード」(5万2338台)と続いた。

 メーカー別では、現代が半導体不足の中で善戦し、特に電気自動車(EV)が128.1%増加するなど、エコカーが好調だった。

 起亜も国内販売台数を前年比3.1%減にとどめるなど善戦した。

 韓国GMはコロナ禍の長期化と、半導体不足の影響により生産に支障が生じ、販売台数が全体的に減少した。

 ルノーサムスンは国内が大幅に減少したものの、海外が好調で前年比14.3%増加した。

 双竜は前年比21.3%減少したものの、海外販売は44.1%増加した。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。