Go to Contents Go to Navigation

韓国主要グループの年頭あいさつ 「未来」「投資」が頻出

記事一覧 2022.01.04 10:01

【ソウル聯合ニュース】2022年を迎えて韓国の主要10企業グループがそれぞれ発表したあいさつは、昨年とは異なり、「新型コロナウイルス」への言及が減った一方で、「未来」や「投資」などの単語が目立った。企業情報サイトのCEOスコアが4日、分析結果を明らかにした。

主要10グループの年頭あいさつでは、「顧客」や「未来」「投資」などの単語が頻出した(コラージュ)=(聯合ニュース)

 10グループのあいさつで最も多く登場した単語は「顧客」で、計40回に上った。4年連続の1位。グループ別には、LG(13回)と新世界(10回)、現代自動車(7回)、サムスン(4回)で重要キーワードとなった。

 次いで「未来」が34回と、3年連続で2番目に多かった「成長」を抜いて2位に浮上した。以下、「革新」(32回)、「価値」(30回)、「成長」(28回)、「新しさ」(28回)、「技術」(28回)、「グローバル」(26回)、「変化」(23回)、「デジタル」(23回)の順。

 また、昨年は頻出キーワード30位だった「投資」が、今年16位に上がった。その一方で、昨年9位の「新型コロナウイルス」は29位に後退した。

 CEOスコアは「企業の主要な関心事が、新型コロナという危機の克服から、未来の市場に備える成長戦略へと移ったようだ」と分析した。

 このほか、昨年は上位30位に入っていなかった「親環境(環境配慮)」が、11位に上がった。

 グループ別にみると、サムスンのあいさつでは「価値」「顧客」「技術」「文化」「尊重」、現代自動車は「分野」「顧客」「可能」「成長」、SKは「幸福」「グローバル」、LGは「顧客」「経験」「価値」などの単語が頻出した。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。