Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮入りと推定の脱北者 「定着過程で全般的な支援受けた」=韓国統一部

記事一覧 2022.01.04 13:32

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の当局者は4日、北東部・江原道の東部戦線で1日にGOP(最前線の監視所)の鉄条網を越えて北朝鮮入りしたと推定される脱北者について、韓国に定着する過程で全般的な支援を受けていたと説明した。記者団の質問に答えた。

統一部のロゴ(同部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 この脱北者は2020年11月に韓国入りした後、身辺保護と住居、医療、生計、就職などの支援を受けていた。

 韓国入りした脱北者は、合宿生活をしながら韓国社会への定着教育を受ける施設「北韓離脱住民定着支援事務所(ハナ院)」で12週間の教育を受けた後、5年間の身辺保護をはじめ多様な支援を受ける。

 同当局者は「脱北者の定着支援制度で不十分な点を改善する努力を続けている」と強調した。

 同部の集計によると、12年から昨年まで韓国入りした後に北朝鮮に戻った脱北者は30人だが、これは北朝鮮メディアの報道や追加調査などを通じて確認されたもので、実際はもっと多いと推定される。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。