Go to Contents Go to Navigation

コロナ飲み薬40万人分を新たに契約 100万4000人分確保=韓国

記事一覧 2022.01.05 21:25

【ソウル聯合ニュース】韓国の疾病管理庁は5日、米製薬大手ファイザーと新型コロナウイルス感染症経口治療薬(飲み薬)40万人分の購入契約を新たに結んだと発表した。

イタリアで生産される「パクスロビド」(ファイザー提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 韓国政府はこれまでに飲み薬60万4000人分の契約を結んでおり、これで計100万4000人分を確保したことになる。ファイザー製が76万2000人分で、米メルク製が24万2000人分。

 政府は先月27日にファイザーの飲み薬「パクスロビド」の緊急使用承認を決めている。このため韓国で最初に使用される飲み薬はファイザー製になる見通し。今月中旬ごろから使われるという。

 疾病管理庁は来週中に飲み薬の導入と使用に関する計画を発表する予定。飲み薬は在宅患者の治療にとって非常に役立つことになるだろうと説明している。

sarangni@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。