Go to Contents Go to Navigation

米教授がまた慰安婦否定の論文 韓国政府「対応する価値ない」

記事一覧 2022.01.06 17:17

【ソウル聯合ニュース】旧日本軍の慰安婦を「売春婦」呼ばわりして波紋を呼んだ米ハーバード大ロースクールのラムザイヤー教授が、慰安婦の強制動員を立証する証拠はないという内容の論文を発表したことを巡り、韓国外交部の当局者は6日、記者団に「今更の主張に対し、政府が対応する価値自体がない」と述べた。

ラムザイヤー氏=(聯合ニュースTV)

 この当局者は続けて「慰安婦問題は世界に例のない戦時の女性の人権じゅうりんであり、普遍的人権侵害の問題だ」とし、「数多くの被害者の証言と国際機関の調査などによって立証された歴史的事実だ」とこれまでの立場を強調した。

 ラムザイヤー氏は2020年、慰安婦の強制動員などを否定する論文を「インターナショナル・レビュー・オブ・ロー・アンド・エコノミクス」誌に投稿し、国際的に非難を浴びた。論文の撤回を求める署名運動も起こり、世界から3500人以上が参加した。

 一方、ラムザイヤー氏は5日にハーバード大ロースクールのホームページに掲載した論文で「慰安婦の強制動員の事実を立証する同時代の文書は存在しない」と主張し、再び論争を招いた。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。