Go to Contents Go to Navigation

オミクロン株の主流化「旧正月が分かれ目」 週内にも対策発表=韓国政府

記事一覧 2022.01.10 12:00

【ソウル聯合ニュース】韓国政府の中央災難(災害)安全対策本部の権徳チョル(クォン・ドクチョル)第1次長(保健福祉部長官)は10日、同対策本部の会議で、韓国では新型コロナウイルスの新規感染者に占める変異株「オミクロン株」の割合は10%程度だが、同株は感染力が高いため1~2カ月以内に主流になるとの予測があると明らかにした。人の移動が増える今月末から来月初めにかけての旧正月(今年は2月1日)連休がオミクロン株の主流化の分かれ目だとみて、今週中にも同株の対応策を発表する方針だ。

中央災難安全対策本部の会議で発言する権氏=10日、ソウル(聯合ニュース)

 国内での先週のオミクロン株検出率は12.5%だった。

 権氏は、オミクロン株が主流になるまでは検疫、検査、疫学調査など流入・感染拡大の防止に集中し、主流になった後は防疫・医療体制を同株に合わせてすぐに転換すると説明。具体的な対策は12日の日常回復支援委員会での専門家議論を経て、早ければ週内に具体的に伝えるとした。

 オミクロン株の感染力はデルタ株の2~3倍とされ、専門家の間からはオミクロン株の広がりによって3月中に新型コロナの1日当たりの新規感染者が2万人、重篤・重症患者が2000人に達するとの見方も出ている。

 政府によると、先週の平均の新規感染者は3682人で前の週に比べ22%減少し、重篤・重症患者も平均932人で15%減った。首都圏(ソウル市、京畿道、仁川市)の重症者用病床の使用率は10日時点で50.5%と安定している。

 権氏はこれについて、新型コロナのワクチン接種完了やPCR検査の陰性を証明する「防疫パス」の提示や防疫措置、ワクチンの追加接種に国民が積極的に協力してくれたおかげだと強調。飲食店や映画館、百貨店や大型スーパーなど幅広い施設で提示を義務付けている防疫パスについて、国民の不便を最小限に抑えるため制度を調整していくと説明した。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。